すがすがしい日々

ルネスタという睡眠薬

睡眠薬を使う

睡眠薬を使う必要を感じていても、「どんな副作用があるのかな?」「寝坊したらどうしよう」と不安に感じる人もいるでしょう。
睡眠薬は成分や作用時間などによってさまざまな種類があり、症状によって使い分けられます。薬の強さや弱さは主に作用時間によって計られ、ルネスタは作用が比較的軽い睡眠薬となります。

まず、睡眠薬の種類について詳しくみていきましょう。

有効成分が脳へどう作用するかによって、
・GABA受容体作動薬(ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系など)
・メラトニン受容体作動薬
・オレキシン受容体拮抗薬
という種類に分けられます。

ルネスタは、GABA受容体作動薬の中でも非ベンゾジアゼピン系に属します。
非ベンゾジアゼピン系はベンゾジアゼピン系の改良版で、味覚異常や倦怠感などが大幅に軽減されています。
ベンゾジアゼピン系の睡眠薬・アモバンのリニューアルバージョンがルネスタで、アモバンに認められた効果はそのままに独特の苦みを抑えて作られました。

ルネスタには、

・睡眠導入作用が高い
効果が現れるのが早く、スっと眠りにつける。

・睡眠の持続作用がある
脳への鎮静作用・催眠作用によって、入眠後に覚醒する時間や回数の減少が期待できる

・依存性が低い
薬の成分が体内に留まっている時間が短く、依存リスクが軽減

といった特徴があり、睡眠薬に慣れていない人でも安心。
ほかには、メラトニン受容体作動薬のロゼレムも作用が緩やかで副作用が少なく安心して使える睡眠薬のひとつですが、効果を感じられるまでに数日〜数週間かかるというデメリットがあります。
作用は強くなくてもすぐに安定した眠りを得たい、という人にとってはルネスタがおすすめ。はじめての睡眠薬なら、ルネスタから試してみてはいかがでしょうか。